読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RJBergerのMBA奮闘記

UKのMBA受験に向けた奮闘記!

ついにBand7が!やっと出た!

IELTS

ついにBand7が出た!!!!!

 

ここ100年くらいで一番うれしい出来事です。

やっとほんちゃん試験ではないにしても結果が出たということが、猛烈に嬉しい。

 

最近はWritingに全力投球でListeningとかReadingとか全くやっておりませんでした。

(出来てなかった・・・)

 

なので、先日過去問を再度5回分くらい解きました。

が!とりあえず過去問ベースだと(半分答え覚えているのもあるけど)安定してBand7.5かBand7くらい出るので良しとします。

答え覚えてない問題(つまり、本当の試験)だとどうなるか死ぬほど不安ではありますが・・・

もっかい受けるとかいうことになると、また25kもかかるのでそれは鬼渋です。

 

というところで、Writingの対策についてちょっと備忘を残しておきたいと思います。

 

【思ったこと1】

Writingはテンプレはほぼ通用しないということを書いてみて実感したところです。

最初はGrammarミスを無くすために全力テンプレ作戦で行こうと思いましたが、実際はテンプレだけではBand6 Overは取れないというのを身にしみて感じています。

 

【思ったこと2】

全部テンプレは通用しないけど、ほんの少しはテンプレが使えるところがあります。

(試験が終わったら紹介します)

 

【思ったこと3】

(私だけかもしれませんが)Cohesion&CoherenceとLexical ResourcesでBand8辺を

狙うのは正直厳しい。。

なので、個人的にはTask ResponceとGrammarで稼ぐことをおすすめします。

TaskResponseはWritingの出題パターン5個(厳密には7個)に対する書き方を把握すれば、間違いなくBand6、Band7は期待できます。

Grammarに関しては個人の能力に依存するのでなんとも言えませんが、30個以上の添削結果から思ったこととしては、出来る限り語数を150語強、250語強に収めるのが安パイ。

ついついTask1で200語、Task2で300語ほど書きガチですが(Cohesion,Coherenceという観点で)、

母数が増えれば増えるほど、Grammarミスの減点対象範囲が増えるので、余りおすすめできません。

そのため、出来る限り最低限+αくらいに収めておくのが良いでしょう。

 

12/3にほんちゃん試験を初めて受けるので、そのタイミングでOverall6.5, Minimum 6 each sectionが取れれば、細かな内容をまたシェアしたいと思いますので、今回はこのくらいで・・・・

(というか、結果が出ないと対策書いても信憑性がね・・・(´・_・`)w)